岩手県県民の森へようこそ

岩手県県民の森は、広く県民の憩いの場を提供すると共に、森林の知識と緑化推進を通じて郷土愛を深めることを目的として昭和43年、東八幡平に設置を決め、整備を開始しました。昭和49年全国植樹祭、昭和59年全国育樹祭を経て、現在は360haの森林公園となりました。
岩手山(2,038m)の北麓、標高500~1,000mに設置し、山腹から続くブナやミズナラ林は大経木も多く、自然度の高い貴重な森林他、カラマツ、トドマツの人工林やミズナラの二次林、落葉広葉樹林からなる森林でツキノワグマ、ニホンカモシカ等の大型獣やアカゲラ、キビタキを始めとする多数の森林性鳥類が生息しています。
 公園内施設は、木造の森林ふれあい学習館「フォレストi(アイ)」、手作り体験が出来る木材工芸センター、炊事場・ウッドデッキ等を備えたキャンプ場を設置しています。
 この豊かな自然をより多くの皆様にご利用頂くため、年間を通じて自然観察会等の行事を企画しております。
皆様のお越しをお待ちしております。


現在の園内 令和元年5月19日晴 


みんなの広場から西側には源太ヶ岳が望めます。今年はまだ源太が岳の東側斜面には雪がたくさん残っています。
17日より緑の花弁の桜、ギョイコウが咲き始めました。野外トイレ横のカンザンも見ごろです。



5月19日午前中は、県民の森行事、野鳥観察会(講師:日本野鳥の会もりおか会員)でした。
キジバト、ホトトギス、ツツドリ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、センダイムシクイ、ムクドリ、アカハラ、コルリ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、カワラヒワ、イソシギ、トラツグミの鳴き声や姿を観察することができました。

県民の森には、様々な桜が植樹されており、6月ごろまで桜を楽しんでいただけます。
現在みんなの広場では、夫婦桜は散りましたが、シダレザクラ、カンザン、オオシマザクラ、ギョイコウなどの桜が咲いており、お花見を楽しむことができます。また、エンレイソウ、シロバナエンレイソウ、スミレサイシンなども咲いています。

更新履歴
園内情報 更新しました。 2019.05.18

県民の森だより
 5月号 掲載しました。2019.05.11


  イベント情報 チェーンソー講習会(初級者)要項 
掲載しました。 2019.04.24
  学習館 工作メニュー更新しました。 2019.04.20
平成31年度キャンプ場営業期間 更新しました。 2019.03.30
木材工芸センター 4月木工教室 掲載しました。 2019.03.22
平成30年度ギャラリー展示情報 更新しました。 2019.03.22

岩手県県民の森 森林ふれあい学習館フォレストi

〒028-7302

岩手県八幡平市松尾寄木1-515-5

TEL:0195-78-2092

FAX:0195-71-1778

 

休館日:毎週火曜日(祝祭日の場合翌日振替)

    年末年始(12/29-1/3)

開館時間:9:00-16:00